税抜表示で便乗値上げを見破る簡単計算法

消費税8%になって1ヶ月が終わろうとしています。

 

そして8%と同時に始まった税抜表示。

レシートも税金だけ別表記です。

 

今まで税込表示に慣れてきたので、

高いのか安いのかがよくわかりませんよね。

 

なんとダイヤモンド社書籍オンラインで、簡単な計算方法を紹介していました。

例題 消費税5%時には、税込3500円だった商品が、消費税が8%にアップした後は、税抜3400円になりました。便乗値上げされているおそれはあるでしょうか。ないでしょうか。

3400円に5%の消費税を足して3500円以上だったら値上げされています。

普通の計算は 3400×1.05=3570(円) となり

値上げしているのがわかります。

 

でも、これを簡単に計算するのはなかなか難しいですよね。

 

簡単な暗算方法はこうです。

1.今の税抜価格からゼロを1つ取って、2で割る。
2.1で 出した答えを、今の税抜価格に加える。

つまり、

3400からゼロと1つ取って、2で割ると 340÷2=170

これを3400に足すと 3400+170=3570円

 

よく買ってた商品なら、定価とか結構覚えてますよね。

 

これはかなり使えそうです。

便乗値上げの商品は手をだしませんよ~!

 

 
にほんブログ村 その他生活ブログへ  

ありがとうございました。
簡単な方法ってあるもんですね。

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です