沖縄ガスの料金改定は見過ごせないですよ。(-_-;)

沖縄ガスの料金に関する案内。

確か数か月前に目にしたような気はするのですが、放置して捨てたようです。

 

毎月の支払いが多くなったな~と思って早数か月経過。

今月分の明細表を見てびっくりした次第です。

請求額の内訳になんかいろんなものが付加されているではありませんか。

今まで、遅収料金が発生しないことをいいことにギリギリに支払う習慣を続けたkooに報いが来たのでした。

 

■ガス料金請求額の内訳

請求額    3,221円

早収料金   2,824円

遅収加算額    85円

督促払込票発行料 156円

再通知料     156円

(内消費税    237円)

 

この追加額の羅列にびっくりしたわけです。

検針日にすでに遅収料金とは何事・・・?

 

これは何かの間違いだろう。と気を取りなおし

沖縄ガスのホームページをチェックしたのであります。

 

1.早収料金と遅収料金、供給停止

・検針日の翌日から20日以内に支払ってください(早収期限)

・それ以降は遅収料金として3%の遅延金をいただきます。

・50日以内に支払いがない場合はガスの供給を停止します

 

検針日から20日以内に払わないと遅収料金+督促払込票発行料(156円)が自動的に付加されて次月に請求されます。

私、kooは督促払込票が届いたのにもかかわらず、払わずに供給停止の予告通知を前回いただいた為に2回分も156円が付加されていたわけです。

 

せっかく節約して無駄なお金を出費するなんて。

ついつい忘れがちな振込作業。

打開策は口座振替しかないでしょう。ということで

給与振込の銀行で口座振替の手続きをすることにしました。

 

沖縄ガスの口座振替に対応している金融機関は7つ。

琉球銀行・沖縄銀行・海邦銀行・コザ信用金庫・沖縄県労働金庫・農協・郵便局

 

残念ながらネット銀行やクレジット払いには対応してないようです。

 

 

沖縄ガスのホームページはこちら

 

しかし、沖縄のプロパンガスは高いのに

さらに20日以内に支払わないと遅延金が発生とは・・・ね

お気を付けください。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ  
いつもありがとうございます★

 


Sponsored link

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です