天体望遠鏡による星空観察会に行ってきました

前回、プラネタリウムで秋の星座を勉強してきました

でも、実際の星空を見てもよくわかりません。

ということもあり、チラシで見つけた参加無料の

沖縄県立博物館の「天体望遠鏡で月・惑星・星を見てみよう!」に行ってきました。

 

 

行ったのは、10/8(土)。

3連休の真ん中ということもあり、家族連れがいっぱいでした。

主催者側も想像以上の人数で困惑気味の中、子供たちに交じって望遠鏡で月を観察。

19時スタート30分で終了予定が1時間もかかっていました。

 

望遠鏡は2台あって、一つは月、もう一つは木星を見る予定でしたが、木星は雲に隠れてしまい月のみの観察となりました。

でも、いくつかの星を実際に教えてもらえました。

習ったのは、金星、木星、夏の大三角形(織姫、彦星、白鳥座のデネブ)です。

 

行く前は曇り空で星が見えるか心配しましたが、時折通る大きな雲を避けながら星を見ることができました。

あとでも探せるように太陽が沈む方角と星の位置を確認。

帰宅後もちゃんと自分で探すことができました。

 

夏の大三角形は簡単に探せて感動しました。

これから夜空を眺めることが多くなりそうです^^

 

関連動画でわかりやすいのを探してみました。

でも、家で見える角度とはちょっと違うような気が・・・

もう少し勉強が必要かも💦

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  
いつもありがとうございます★

 




Sponsored link

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です