【ワードプレスのテーマ変更に失敗】画面真っ白から4日で復活できた方法

ワードプレス(WordPress)。きちんと更新できてます?

ワードプレスって言葉も難しいし、やたら更新してくださいとかめんどくさくないですか?

 

案の定。テーマの更新したらエラー500とか表示されて画面が真っ白で何も表示されなくなりました。

もう、削除するしかないか。とあきらめる寸前でなんとか4日ぶりに復活できました。

実はさくらのレンタルサーバーのある機能を使って簡単に復活することができたんです。

この機能があって今回とても助かったので紹介したいと思います。

 

 

テーマの更新やプラグインの更新のときはデータのバックアップするべき?!

 

わかってても、ついついやらずに更新してないですか?

そうしないと、万が一何かのミスで更新ができなかったとき、今まで書いてた記事が消えてしまう可能性があるんです。

FC2ブログなどのブログとは違う構造になっているかららしいのですが、詳しいことは知らなくても対処方法は覚えておいた方がいいですよネ。

通常はサーバーのファイルを変更するときはFTPソフトというのを使わないとできない作業がさくらのレンタルサーバーではサーバーにログインして行うことができるんです。

これを知った時はラッキー♪って思いました。

 

今回はこちらのサイトを参考にしました↴
サイトのバックアップをさくらレンタルサーバーでやってみました。

真っ白画面から復活した方法

【復活した手順はこの6つ】

  1. サーバーコントローラーにログイン
  2. メニューからファイルマネージャーをクリック
  3. themesのファイルを探す
  4. 名前を変えて更新し変化があるか確かめる
  5. 問題のテーマを削除する(念のためDLしてから)
  6. themesに戻し更新して確かめる

今回エラー500が表示されて画面が真っ白になったのはテーマのインストールをした直後だったのでファイルマネージャーで問題のthemesのファイルを探し、名前を少し変えて更新してみます。

※テーマはthemesというファイルにはいっているからです

 

すると、画面は表示されませんがダッシュボードは色々と触れるようになりました。

元にもどすと、また動かないのでどうやら原因はこのファイルだということがわかりました。

そしてファイルの中を開くと画面が消える直前にインストールしたテーマがありました。

おそらくこのテーマのインストールの際に何か不都合が起きたんだと思います。

念のためバックアップをしてから削除して更新してみました。

はい。真っ白だった画面が見事に復活してくれました。

 

最後に

さくらのレンタルサーバーにはファイルマネージャーというFTPソフトのようなことができる機能があることがわかりました。

またさくらのレンタルサーバーに契約すると、広告の入らないブログがサービスで使えます。その数なんと50個。

私はカスタマイズがしやすい昔のブログが好きなので結構使わせてもらっています。被リンクとしての効果を果たしているような気もするのでお勧めですよ。

※ワードプレスが使えるのはスタンダードプラン(月額515円)からです

 

 

 

 



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です